家具コレクション
知りたい用語を今すぐチェック
インテリア用語辞典

あ行

アール・デコ

「装飾芸術」のこと。1925年にフランスのパリで開催された「現代装飾産業美術万国博覧会」(アール・デコ展)がその発端。装飾的な意味合いとしては幾何学的なモチーフを多用した直線基調のラインと、高級感のための貴金属、象牙、黒檀紫檀、光沢仕上げが特徴とされる。フランス語の「art decoratif」の略。
一覧ページに戻る

アール・ヌーボー

19世紀末から20世紀初めにフランス、ベルギーを中心として広まった世紀末的造形運動、もしくはそれによる様式のこと。フランス語の「新しい芸術」の意の通り、曲線主体の有機的なデザインと非対称の構成を特徴とした。モチーフとして草の茎、炎、波をベースにした流れるような曲線を多用。代表的な作家としてはスペインのガウディ、イギリスのマッキントッシュなど。
一覧ページに戻る

アルミニウム

元素記号Al、原子番号13、密度2.7の銀白色の金属。実用金属の中では非常に軽い部類に入り、家具では大幅な軽量化と独特の質感を生かしてテーブル、イス、ランプなどに使われる。鮮やかな色と表面硬度の向上、防錆のため陽極酸化処理(アルマイト)を施すことが多い。銅、マグネシウム、スズ、亜鉛などとの合金とすることで強度が飛躍的に向上した。よく聞くジュラルミンはそんな代表的なアルミニウム合金の一つ。ちなみにほぼ純粋なアルミは一円玉硬貨。
一覧ページに戻る

アンティーク

骨董品、古美術品のこと。転じて古い様式、テイストを持つものを指す。家具での定義としては本来、アメリカでは100年以上前のもの、イギリスでは50年以上経たものを意味するが、一般的にはあいまいになりつつある。
一覧ページに戻る

イージーチェア

休息を目的に作られた座り心地の良いゆったりとしたパーソナルチェア。傾斜のある背と大きめの座面をもつ。安楽椅子。→シェーズロング
一覧ページに戻る

ウレタン仕上げ

木材や皮革の処理方法の一つ。ウレタン結合とよばれる化学結合によって硬化する塗料を用い、木材の表面を保護する方法。木の表面に強固な被膜を作るので、水や汚れに対して抜群の効果を持つ。欠点としては表面をプラスチックで覆っているようなものなので、自然な質感、手触りを損なうこと。ちなみにクルマの本革シートはほとんどこれ。
一覧ページに戻る

ウレタンフォーム

ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状のもの。軟質ウレタンフォームは、椅子張りのクッション材として最も多く使用され、硬質ウレタンフォームは、断熱材や塗料として多く用いられている。
一覧ページに戻る

エクステンションテーブル

天板のサイズが調節可能な伸長式テーブル。バタフライ式や天板収納式などがある。 伸縮テーブル、伸長テーブルともいう。
バタフライテーブル
一覧ページに戻る

FRP

繊維状に加工したガラスをエポキシやポリエステルなどの樹脂で固めたもの。「Fiber-Reinforced Plastics」の略。ガラス繊維が補強材となるので軽く、強度が高く、有機的な成形が可能。そんなFRPの特性を活用した最初の例がイームズのシェルチェアなどで、表面にうっすらと見えるキラキラした糸のようなものがガラス繊維である。ただしそのガラス繊維が焼却できないため、一部ミッドセンチュリーの復刻版家具(パントンなど)はポリプロピレン製に変更されている。
ポリプロピレン
一覧ページに戻る

MDF

細かく砕いた木材や木の粉に樹脂や接着剤を混ぜて、「Medium Density Fiber board」の略。高温で固めた材料。表面が滑らかで密度が高く、均一なので家具の心材などに多用される。当然ながら木目はみられない。 →ファイバーボード
一覧ページに戻る

エルゴノミクス

「人間工学」の意味。ギリシャ語の「ergon」(仕事)と「nomos」(管理、法則)を組み合わせた造語。人間の特性、心理、行動パターンなどを分析し、それに合った機械や器具を設計すること。例えばイスなら肘当てと座面の高さの関係、骨盤支持の場所と圧力など目に見えないような部分の設計も含む。科学的に体系化したのは第二次世界大戦中のアメリカといわれている。
人間工学
一覧ページに戻る

オイル仕上げ(オイルフィニッシュ)

木材の表面を保護する手法の一つ。天然木材の繊維にオイルをしみ込ませ、木材の乾燥や腐食を防ぐ方法。表面に塗装膜はないため、木材らしい手触りと自然な色つやが楽しめる。ただし定期的な手入れが必要。
一覧ページに戻る

オットマン

くつろいだ姿勢をとるためにイスとセットにされる、足のせ用の小さなスツールのこと。本来は数人が並んで座れる長イスのことを指す。
一覧ページに戻る


ページTOPへ